top

NEWS

講座開催スケジュール

心と体のブログ

あなたは
もっとのびのびと楽しんで
豊かになっていいんです

ホリスティック(Holistic)という素晴らしい言葉があります。ギリシャ語で「全体性」を意味する「ホロス(holos)」を語源としています。そこから生まれた言葉には、whole(全体)やhealth(健康)、heal(癒す)、holy(聖なる)などがあります。

つまり、幸福や健康には、部分だけでなくまるごと全体を見ていくことが大切です。

それは病気の治療にも言えます。科学がこれだけ発達してもほとんどの人は目に見える部分しか見ていません。病院の三大療法は物質である体だけにアプローチしています。それだけでは人間という偉大なる「生命のしくみ」の一部分にしか触れていないのです。

「健康」は単に体が病気でない状態ということではありません。幸せや充足感、自分以外の人や社会とのつながり、そういったものも含めての全体が真の健康と言えます。体・心・魂・・・そしてご家族や社会にまですべてにアプローチしてこそ、その人全体を癒すことになります。

当院は、アクセスバーズ・催眠療法・おまかせセッション「扉を開く(心理学×言語学×東洋医学)」・鍼灸などを行う治療院です。あなたが本来の「自然でのびのびと豊か」な存在になっていくお手伝いです。

こんにちは
てるこの部屋です。

  • NGH(米国催眠士協会)認定ヒプノセラピスト
  • 梯谷先生開発病気をやめる心理技術アドバイザー
  • 国家資格である東洋医学のプロ鍼灸マッサージ師
  • 自然療法医師 石川眞樹夫先生認定 自然療法士

20代の頃は、劇団でお芝居をしてました。

健康について…
体だけで本当に十分ですか?

病院の三大療法である、手術・抗がん剤・放射線、
玄米菜食・マクロビオティック・ゲルソン療法・人参ジュースなど食事療法
断食、鍼灸、漢方、健康食品、サプリメント、冷え取り、ウォーキング

・・・癌と向きあう様々な方法がありますね。

でも、あなたが行っているのは、体の治療だけではありませんか?

病の原因の多くは、「体と心の不調和」だと言われています。
ある人は癌を「思い癖の病」と言っています。

ストレスと一言で片づけることなく、表面だけでなく内面も見ていくことが大切です。
自分自身と向きあい(親子関係や配偶者との関係、仕事、信念など)その本当の原因にアプローチして根本から解決していくことが重要です。

癒しの三角形

人間は、体・心・魂で
出来ていると言われています。

そのすべてにアプローチすれば、
人生にまつわる様々な問題は
良化・軽減・解消されていくでしょう。

てるこの部屋は

体にアプローチする
・鍼灸
・身体と骨格調整(遠隔可)
・ボディプロセス
・ESSE(筋膜リリース+エネルギー)

心にアプローチする
・ヒプノセラピー(催眠療法)
・アクセス・バーズ
・心の自然治癒力を上げる言葉の鍼
・おまかせセッション「扉を開く(心理学×言語学×東洋医学)」
・マトリックス・リインプリンティング(タッピングによる感情解放)

自分の本質とは肉体だけではなく魂や意識でもあることを思い出す
・ハイヤーセルフのエネルギー調整
・レトリーバル(過去世、魂の救出)

などを行い、人生の流れを良くするお手伝いをしています。

お客様の喜びの声

  • 松果体活性とハイヤーセルフ(O様 オンラインヒプノ)
  • 息子がドラッグをやっていた(S様 ヒプノ 対面)
  • 何十年の頭痛が激減!(M様 扉を開くセッション 対面+オンライン)
  • 私が私に戻りました(H様 エネルギー調整 オンライン)
  • ハイヤーセルフに会った!(O様 エネルギー調整 オンライン)
  • 亡くなった母との対話(M様 タッピング+レトリーバル オンライン)
  • 癌や病気と対話する催眠療法(Y様 乳がんの再発 対面)
  • ひらめき・直観を受け取れる!(H様 ヒプノ オンライン)
  • 自宅での出張催眠療法(S様 乳がん 対面)
  • 抗がん剤で悪くなった胃袋との対話(K様 悪性リンパ腫 対面)

本当は大事な癌と心の話

癌はわたしの人生を良くするためにやってきた!

・・・と考えてみてはいかがでしょうか?

「病の本質は救済者」と言った方がいます。

また、有名なクリスティン・ペイジ医師は、病はバランスの調整をし、成長しようとする試みの一つであると言っています。

つまり「目覚めなさい!」というモーニングコールなのです。

あなたの人生の再構築のためにやってきてくれたパワフルなメッセンジャーととらえたほうが、お付き合いしやすいと思いませんか?

かの有名なシュバイツァー博士は「私たち一人一人の中に、賢い医師が宿っており、その内なる医師が何をすればいいのかを知っている」と言いました。

私たちの体と心には、病を作り出す力と、それを退縮させ健康にする力のどちらもが備わっています。

癌は愛のメッセンジャー

「癌になってよかった」
そうおっしゃる方がいます。

それは決して負け惜しみでありません。
いったいどういう意味なのでしょうか?

特に癌患者の方は、
「ストレスなんてあまり感じなかった」
「これくらいのストレスや疲労は、誰もが感じているだろう、当たり前だ」
などという方が多いのです。

体と心の発する悲鳴を無視してきたから発症したのです。
そして、病という通常ありがたくないものは人生を見直す大きなきっかけになり得るのです。

癌は訴えます。

「もっと自分を大切にしてほしいなぁ」
「君が好きなことをして、生き生きしている姿を見たいなぁ」

癌は、本当の自分の声ではないでしょうか?あなた本来の生き方に戻ってほしくて、癌という姿をとってこの世に現れたのかもしれません。もしそうだとしたら、喜びや幸せに満ち溢れて生き生きとした本来のあなたに戻れば、癌は「役目は終わったよ!」と消えていってくれるでしょう。

何かが起こるには必ず原因があり、またその解決方法も必ずあるはずです。催眠療法で潜在意識とつながると自分でも忘れていたような本当の気持ちに気付くようになります。病からのメッセージを受け取ったり、健康になるアドバイスも受けて体と心の調和が高まります。

また自分自身の評価が高まり、自分を愛せるようになります。

本来の自然でのびのびと豊かな自分になることによって、どんどん健康になっていきます。

そして健康になるだけでなく、人生そのものが病気になる前より良くなっているのを実感することは間違いありません。

何が、癌の夫を癒したのか?

夫も私も国家資格の医療従事者です。それぞれ自分の治療院を持ち、健康だけは自信があった私たちに、癌というまさかの出来事が起こりました。「病気は自分で作り、自分で癒す」これは20年以上前に夫の整骨院のパンフレットに書いたメッセージです。私たちは、これを自ら証明することになるとは夢にも思っていませんでした。これは夫の記録を元に、私(福井てるこ)が記したものです

以下は、夫の話です。

このサイトはてるこの部屋
デモサイトです。
実際のサイトはこちらをご覧ください